賃貸物件探しの心得

賃貸物件探しをする際、闇雲に間取りを見ているだけではなかなか決まりません。

そこで物件探しをする際のポイントとなる点を体験を元におすすめと避けるべきことをまとめてみました。

1.間取り

間取りと一口に言っても、どのような家族構成、生活を望んでいるのか考えてみましょう。

間取りには大きく3つの種類があります。

自分がどういう生活を望んでいるのか考えながら決めてみましょう。

1DK・1K・・・一般的にワンルームと呼ばれるタイプです。

一部屋+広めの台所もしくは、部屋に台所があるタイプです。

廊下に台所があるタイプが一般的に多いですが、台所が個室になっている物件がたまにあります。

(特に分譲賃貸は 多い傾向)台所が個室になっているタイプは来客の際、台所が散らかっていても隠せる事と、台所の臭いが部屋や廊下に溜まらない事、帰宅した時に散らかった台所が見えるのはちょっと・・・と思う方にはお勧めです。

個人的にはこの台所が別のタイプがとても住みやすかったです。

1LDK・・・1部屋+リビングのタイプです。

リビングと部屋が引き戸で繋がっているリビングアクセスタイプや、廊下を関して完全別個の部屋のタイプ等があります。

寝る部屋と食事・居間を分けたい方におススメです。

リビングアクセス型は引き戸を開け放てば部屋を大きく使えるメリットがあります。

少しお金に余裕のある方は、こちらのタイプの部屋を選ぶと生活にメリハリがつくと思います。

2LDK・・・2部屋+リビングのタイプです。

例えば一人暮らしの方は、リビング+寝室+趣味・仕事部屋として使用したり、家族住まいの方はリビング+寝室+子供部屋として活用したりできます。

今は夫婦二人でこのタイプに住んでいます。

1部屋がリビングアクセスタイプなので、今はリビングと食事をとる部屋として、引き戸を開けて広く使用していますが、将来的に子供ができたときは子供部屋にしようと思っています。

3LDK・・・3部屋+リビングのタイプです。

2.部屋の向き

部屋の向きは生活をする上で最も大切だと考えています。

ダントツでおすすめ順で言うと、南向き、東向き、西向き、北向きです。

南向きのメリットはやはり日当たりが良いという点で、洗濯物が乾きやすい、部屋の暖房がかなり節約できる、ほぼ一日中日当たりがあるので家の中が綺麗になる気がする等々。

参考:「南向き」の部屋は本当にいい?

次のおすすめが東向きです。

西向きより東向きの方がなんでおすすめなの?と思う方が多いかと思いますが、それは朝日が差し込むからなんです。

夜中勤務の方でなければ、みなさんだいたい起きる時間は同じくらいかと思いますが、朝起きた時に陽の光が入るととても気持ちよく目覚めることができます。

これはやはり東向きの最大の良い点だと思います。

私が東向きの部屋を寝室にしているのもそういった理由からしていますが、朝の気持ち良さが断然違います。

体内時計もリセットされるような気持になります。

一番避けてほしいのが北向きの部屋。

過去に北向きの部屋に住んでいたことがありますが、北向きの部屋って直射日光が全く入らないからなんとなく、暗くてじめっとしているんです。

心がすさむというか、やはり日光に当たることで人間らしい生活をしているな・・という気持ちにまったくならず、土日の休みもほとんど外で過ごしていました。

洗濯物は日光が当たらないから全く乾かないんじゃないかと思う方もおられるかもしれませんが、その点は心配しなくでもよかったです。

とにかく南向きが良しです。

3.周辺環境の注意点

①大通り沿いは避ける。

一度大通り沿いのマンションに住んでいたことがあります。

この時は車の騒音がうるさく、窓が開けられなかったです。

騒音だけならばよいのですが、気になるのが騒音による振動。

大型トラックが通行すると、ドドドドドドドドと重低音が響いてくるので、朝方よく地震かと思って目が覚めることがありました。

大通り沿いでも、一本入るとかなり静かになるので、大通りに近くても、一本入った所を基本に検討するのがおすすめです。

②信号機の近くは避ける。

遮光カーテンという手もありますがカーテンを閉めていても、信号機がチカチカ変わったりする光はかなり気になります。

また、意外なのが、車の発車による振動があります。

以前のマンションは信号機の近くにあり、信号が変わるたびに発車による振動と騒音に悩まされました。

③線路の近くは避ける。

電車の音って意外と聞こえます。

特に夜間は音が響きやすく、夜家に帰っても落ち着かないことがあるかもしれません。

線路があっても、物件の前や後ろに建物が有ったりする場合はかなり騒音は改善できるので、線路から一件離れた物件がおすすめです。

注意するのはその建物が物件の階数よりも高いことが重要です。

物件がその建物より高い位置にあれば、騒音対策効果はあまり感じられないと思います。

地下鉄沿線は騒音を気にせず、駅近物件を探すことができるのでおすすめです。

 

 

出典元:マイランド