供養とはどのようなもの?

◇供養とは?

供養とは、亡くなられた方の冥福を祈り法要を営むことです。

お墓参りに行くこと・お仏壇にお花やお水を供えること・僧侶を招いて読経を読むことなど、このような亡くなられた方を思って行う行為は、すべて当てはまるといえます。

(参考)
仏壇 通販

しかし、亡くなられた方に対してのみ使われる言葉なのかというと、実はそうではありません。
アジアの仏教国などで僧侶に施しをする際も、同じ言葉が使われています。

そうすると、必ずしも亡くなられた方のみに使われるわけではないことが分かります。

◇徳を積む行い

それでは、本来はどのような意味の言葉なのかというと、簡単に言えば「徳を積む行い」と解釈することができます。
仏教では「善因善果」・「悪因悪果」と呼ばれる考え方が存在しますが、まさにこの考え方に当てはまると言えるでしょう。

「善因善果」・「悪因悪果」とは要するに、「善い行いは必ず善い結果をもたらす」という道理を説いたものです。
そして供養は、この道理に基づいた考え方であると言えます。

亡くなった方へのお供えや僧侶に対する施しは善いものであると捉えられ、あらゆる魂に善い果報がもたらされるようにと願うことです。

◇日本における供養について

以上が、供養という言葉が持つ本来の意味と由来です。
とは言え、日本では故人に対して使われる言葉として人々の間に根付いており、広く定着しています。

日本で供養というと、思い浮かばれるのがお盆です。
お盆は亡くなられた方の魂が住んでいた場所へ帰る期間とされており、それを親族で迎え、慰める法要です。

中でも初盆は、亡くなられた方の四十九日を過ぎて最初に迎えるお盆であり、特に心を込めた法要が行われます。
2回目以降のお盆が家族のみで行われるのに対し、初盆の場合は親族や生前親しかった人々を招きます。

僧侶による読経や、会食を行うのが一般的です。
そのため、お盆のための準備も少し慌ただしいものとなります。

◇お供えのお返しと一緒に折詰弁当とお酒を手渡す必要がある

法要をとり行うにあたって、その旨のお手紙を出さなくてはなりませんし、会食の準備や僧侶への依頼、お供えのお返しの準備やお礼状の作成など、行うべきことがたくさんあります。

会食に関しては必須ではないため行わなくても問題はありません。
ただその場合、法要に参列頂いた方へ、お供えのお返しと一緒に折詰弁当とお酒を手渡す必要があり、別途お弁当の準備が必要です。

以上のようなお盆の法要が、日本人が思い浮かべる供養だと言えます。
本来の言葉の意味とは少し違うのかもしれませんが、日本人の中で定着している慣習でもあります。