永代供養とはどんなものなのか

1.永代供養とは?

永代供養というのは、遺族や親族などの代わりに寺院や霊園が遺骨を管理し、供養することを意味します。
一般的なお墓の場合は遺族等がその管理などを行いますが、この供養方法では寺院などにそれを一任出来るというわけです。

そのためこの方法は、従来、お墓の跡継ぎがいない方の供養方法として知られていました。
しかし最近では、費用面の事情でお墓を建てられない場合や、子供にお墓の管理などの負担をかけたくない場合などもよく選ばれていると言えます。

また、似た言葉として「永代使用」というものがありますが、これはお墓を建てる土地を使用する権利のことを指します。
そして永代使用は、その使用料を支払えば、遺族や子孫へ継承することが出来るお墓として利用出来るようになると言えるでしょう。

永代供養の大きなメリットに挙げられるのは、一般的なお墓と比べるとかなり安い費用で利用出来るということです。
なぜ安く出来るのかというと、それは遺骨を合祀するのが一般的だからだと言えます。

ここで言う「合祀」というのは、血縁等に関係なくさまざまな方の遺骨を同じ場所にまとめて埋葬することであり、合葬と呼ばれる場合もあります。

一般的なお墓の場合は、先祖代々の血縁者が入る場合が普通だと言えますが、合祀の場合は、全く関係のない方の遺骨と一緒になるということだと言えるでしょう。

このように、一般のお墓は家ごとに個別に建てるため、その土地代や墓石代がかかってしまいますが、合祀の場合だと共有のお墓を利用するため安く出来るというわけです。
(参考:横浜永代供養墓評判

2.購入後に費用がかからない

さらに費用面でのメリットとしては、購入後に費用がかからないということが挙げられます。

一般的なお墓では、維持費として年間管理料がかかりますが、永代供養の場合は、管理料が不要である場合や、購入時の価格に含まれているのが一般的です。

その他の重要なメリットとしては、お墓の後継者がいなくても無縁仏になることがないということが挙げられます。

一般的なお墓では、遺族や子孫が管理をしなければならないため、さまざまな事情により管理する方がいなくなると、誰も供養しない無縁仏になってしまうのです。

最近では、さまざまな事情により無縁仏になってしまうお墓が増えているため、寺院などに管理を一任できるこの供養方法の利用者も増えているということが言えます。

種類については、先ほど紹介した合祀タイプと、個別に利用出来る個別タイプの2つに大きく分けることが出来るでしょう。

3.各タイプの費用相場について

「合祀タイプ」は、さまざまな方と共同で使用するお墓であり、埋葬後は管理や供養を全て寺院などに任せておくことが出来ます。
費用の相場は10万~30万円程度であり、100万円やそれ以上かかる一般的なお墓と比べるとかなり安く済むということが言えるでしょう。

次に「個別タイプ」は、個別のお墓に永代供養がセットになったものであり、使用期限内であれば一般的なお墓のように家族のお墓として利用することが出来ます。

使用期限については、夫婦一代までという場合や、子供を含む次の世代までといったものがあり、期限後は合祀されるという仕組みになっていると言えるでしょう。

ですので、合祀タイプと同様に、使用期限後に無縁仏になる心配はないと言えます。
費用の相場は30万~200万円程度であり、個別にお墓が持てる分だけ合祀タイプより高くなるのが特徴です。

そして価格帯に幅があるのは、お墓の仕様や、占有スペースの広さ、そして地価などに違いがあるからであり、見た目が一般的なお墓に近いものは高くなる傾向があると言えるでしょう。

また、個別タイプの使用期限には17回忌や33回忌までといった期限が設けられており、寺院やプランなどによって異なっています。

4.利用する人数を確認すること

選ぶ際のポイントについては、まず利用する人数を確認するということが挙げられます。
合祀タイプの場合の費用は、1名あたりの価格として表示されているため、複数で利用する場合は人数分の費用がかかります。

ですので家族で利用する場合などは、人数分の費用を合計すると一般お墓と変わらないという場合もあるため、費用面の安さだけで検討している場合は、その点も考慮する必要があるでしょう。

次に挙げられるポイントは、供養が行われる頻度を確認しておくということです。

寺院などによっては、毎日読経が行われるところもあれば、お彼岸やお盆だけ大規模に供養が行われるというところもあるため、満足出来る供養が行われるかどうかという点もチェックポイントになるでしょう。

最後に永代供養の注意点としては、一度合祀してしまうと、後で遺骨を取り出すことが出来なくなるということが挙げられます。
合祀では他の方々の遺骨と一緒になってしまうため、物理的に考えても遺骨を個別に取り出すことが出来なくなってしまいます。

そのため、後々トラブルにならないためにも、周囲の方としっかりと相談した上で選ぶことが重要だと言えるでしょう。

供養とはどのようなもの?

◇供養とは?

供養とは、亡くなられた方の冥福を祈り法要を営むことです。

お墓参りに行くこと・お仏壇にお花やお水を供えること・僧侶を招いて読経を読むことなど、このような亡くなられた方を思って行う行為は、すべて当てはまるといえます。

(参考)
仏壇 通販

しかし、亡くなられた方に対してのみ使われる言葉なのかというと、実はそうではありません。
アジアの仏教国などで僧侶に施しをする際も、同じ言葉が使われています。

そうすると、必ずしも亡くなられた方のみに使われるわけではないことが分かります。

◇徳を積む行い

それでは、本来はどのような意味の言葉なのかというと、簡単に言えば「徳を積む行い」と解釈することができます。
仏教では「善因善果」・「悪因悪果」と呼ばれる考え方が存在しますが、まさにこの考え方に当てはまると言えるでしょう。

「善因善果」・「悪因悪果」とは要するに、「善い行いは必ず善い結果をもたらす」という道理を説いたものです。
そして供養は、この道理に基づいた考え方であると言えます。

亡くなった方へのお供えや僧侶に対する施しは善いものであると捉えられ、あらゆる魂に善い果報がもたらされるようにと願うことです。

◇日本における供養について

以上が、供養という言葉が持つ本来の意味と由来です。
とは言え、日本では故人に対して使われる言葉として人々の間に根付いており、広く定着しています。

日本で供養というと、思い浮かばれるのがお盆です。
お盆は亡くなられた方の魂が住んでいた場所へ帰る期間とされており、それを親族で迎え、慰める法要です。

中でも初盆は、亡くなられた方の四十九日を過ぎて最初に迎えるお盆であり、特に心を込めた法要が行われます。
2回目以降のお盆が家族のみで行われるのに対し、初盆の場合は親族や生前親しかった人々を招きます。

僧侶による読経や、会食を行うのが一般的です。
そのため、お盆のための準備も少し慌ただしいものとなります。

◇お供えのお返しと一緒に折詰弁当とお酒を手渡す必要がある

法要をとり行うにあたって、その旨のお手紙を出さなくてはなりませんし、会食の準備や僧侶への依頼、お供えのお返しの準備やお礼状の作成など、行うべきことがたくさんあります。

会食に関しては必須ではないため行わなくても問題はありません。
ただその場合、法要に参列頂いた方へ、お供えのお返しと一緒に折詰弁当とお酒を手渡す必要があり、別途お弁当の準備が必要です。

以上のようなお盆の法要が、日本人が思い浮かべる供養だと言えます。
本来の言葉の意味とは少し違うのかもしれませんが、日本人の中で定着している慣習でもあります。

電気代を安くするためのポイント

悩ましい月々の電気料金

月々の電気代を安くしたい人の間では、節電するのが常識と考えられていますが、効率よく電気を使うことで地球全体の環境破壊防止にもつながしますし、ピーク時に電気を使いすぎないことも電力会社から推奨されていますので、一人一人の心がけが地球温暖化防止につながります。

月々の電気料金は、こまめに家電の電源をオフにすることで節約することが出来ますが、家庭によってはオール電化の契約にしているところも増えていますので、オール電化住宅の場合には電気料金が安い時間帯に電力消費量の多い家電を使い終えてしまうのが節電のポイントです。

オール電化住宅では、エネルギーの全てを電気でまかなう住宅の事で、太陽光発電と組み合わせて導入している家庭も多いのではないでしょうか。

太陽光発電パネルを搭載することで、家庭で使う電力をまかなうことに役立ちますし、余った分は売電して収入を得ることも可能です。

家庭用のエネルギーを電気でまかなう場合には、ガスを使いませんのでガスの基本料金や利用料金がかからず、家計も節約することが出来ます。

電気料金も割引が適用になりますので、利用する時間帯を考えて使うことでよりコスト削減につなげることが出来ます。

月々の電気代を安くするためには?

電力会社から毎月送られてくる利用料金のお知らせには一般的に前の年の同じ月と比べて何パーセントくらい使っているのかが記載されています。

前の年と比べて増えすぎている場合には節約する必要が出てきますし、上手に節電出来ている場合には前の年と比べて料金が下がるケースもあります。

月々の電気代を安くするための試みとして、エアコンを多用せず、窓の断熱をしたり扇風機やこたつなど昔ながらの家電を上手に使うことも重要なポイントです。

特に冬場エアコンは非常に便利ですが、熱を発する家電は電力を使いますし、常時稼働させていると月々の利用料金が跳ね上がってしまいますので上手に節電する必要があります。

先述のオール電化住宅では、深夜から早朝にかけて電気代が安くなりますので、この時間にかかるようにエアコンをつけておくと電気代を大幅に節約することが出来ます。

エアコンの設定温度にも節電のコツがありますので、エコ運転モードを利用するなどなるべく電気消費量の低い使い方をして上手に節約するのがポイントです。

設定温度は最大にしてしまうと必要以上に電気を使いますので、冬場は20度から24度程度でも十分部屋を暖めることが出来ます。

設定温度よりもむしろ窓や床の断熱のほうが重要ですので、窓から放熱しないようにエアパッキンで簡易的に二重窓にしたりアルミシートなどを貼っておくと窓から熱が逃げるのを防いで部屋を暖めやすくなります。

床の冷たさを回避する工夫

床の冷たさが気になるときにはホットカーペットを付けたりこたつを併用すると暖房の設定温度をそれほど高くしなくても暖かく過ごすことが出来ます。

夏場よりも冬場のほうが一般的に電気代が高くなりやすいのは、熱を発する家電を多く使うようになるのが理由ですので、電気料金が高いと感じた場合にはエアコンの設定に着目して見直す必要があると、電力コスト削減のプロフェッショナル企業であるネオ・コーポレーションも推奨しています。

多くのメーカーのエアコンのリモコンには経済的に運転できるモードがついていますが、古い型式のものだとこうしたモードがついていないことがありますので、設定温度には注意する必要があります。

引用:ネオ・コーポレーション

夏場も同様窓から熱が入ってこないよう遮光性の高いカーテンを使って熱を遮るのが得策です。

せっかく冷房を付けて部屋を冷やしても窓からの熱で部屋が暑くなってしまいますので断熱や遮熱に注意するのがおすすめです。

夏場の設定温度もあまり低くしすぎずに、25度から28度程度に設定するのがポイントです。

夏場も冬場もお勧めなのはサーキュレーターの併用です。

サーキュレーターや扇風機を併用すると、部屋の温度が均一になるため、足元が冷えすぎることなく快適に過ごすことができます。

サーキュレーターの電気帯はエアコンに比べるとほとんどかかりませんし、併用することで特に冬場の暖房効率を上げることが出来ます。

電気代を安くするためには熱を発する家電の使い方に注意をすることがポイントです。

IHクッキングヒーターの場合、煮込み料理を長時間すると電気料金が高くなってしまいますので、沸騰したらバスタオルに鍋をくるんで、そのまま発泡スチロールの箱に入れて一時間以上おいておくと、弱火でコトコト煮込んだような具材の柔らかい煮込み料理が完成します。

毎日続けているとこうした工夫で毎月の電気料金を大幅に節約することが出来ます。

一日30円節約できたとすると1か月あたり900円、一年間で1万年以上の節約効果が期待できます。

煮込み料理を頻繁にする過程では発泡スチロールの箱を一つ用意しておくと電気料金の節約に役立ちます。

使っていない時間の炊飯器の保温機能や保温ポットなども意外と電気を使いますので、お湯はその都度使う量だけ沸かしたり、本機能をオフにしておくのがおすすめです。