悪い歯並び

最近食べ物が比較的柔らかい物が増えてくることによって歯や顎の発育が悪いなっている人が多くなってきました。

歯や顎の発育が悪くなると歯の生える場所がやくなり歯並びが悪くなったり歯自体が小さくなったりしてしまいすきっ歯になったりしてしまいます。

歯並びが悪いことを矯正歯科では「歯列不正」といい、いくつかの種類に別れています。

その種類について紹介したいと思います。

叢生(そうせい)これは歯が色々な方向に向いていて、捻れて生えてしまったり歯が重なり合ってしまっている状態をいいます。

叢生の原因ときては色々とありますが、一番多いとされているのが顎が小さい状態で歯が生えてくるとスペースがないために重なってしまうことです。

矯正歯科では成人であれば、抜歯をし隙間を作り綺麗に並べていきます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)これは、上顎が下顎よりも前に出てしまった状態をいい一般的にいう「出っ歯」です。

これは日本人にとても多く見られる症状です。

矯正歯科での治療は成人では多くの場合抜歯をして歯を並べられるぐらいのスペースを確保してから歯を並べていきます。

上顎前突の人の多くは口呼吸をしていたり、舌の位置が正しくなかったりするのでそれも一緒に治していきます。

下顎前突(かがくぜんとつ)これは下顎が上顎よりも前に出てしまった状態で一般的にいう「受け口」です。矯正歯科ではこの場合も抜歯をすることが多いのですが、酷い場合は下顎の骨を手術で削り後ろに下げなければなりません。

空隙歯列(くうげきしれつ)これは歯と歯の隙間が空いてしまっている状態です。

一般的にいう「すきっ歯」です。矯正歯科ではラミネートベニアを表面に貼ったりする治療があります。

開咬(かいこう)これは、奥歯を噛み合わせた時に前歯が噛み合わず開いてしまった状態です。

この状態だと前歯で物が噛みきれなかったり、発音がうまくできなかったりしてしまいます。

矯正歯科ではこの場合も抜歯をして矯正することが多いのです。

 

最新ニュース
「親知らず」歯並びのために抜くか、歯科医の過半数は反対、イタリアの報告
新潟 矯正歯科 見えない