投資は心理戦になることが多いと立沢氏

立沢賢一氏が投資について解説

平成になってから、素人が投資に手を出すことが多くなりましたが、これはインターネットの発達にも関係してきています。
インターネットでは様々な情報が交錯し、その中でお金もうけのジャンルも確立してきました。

その中に投資がありますが、投資の話しを紹介すれば自分にお金が入ると考えた人は、投資の宣伝をしていたでも簡単にお金がもうかるようなことを言いふらしています。
ですが、実際にはお金がもうかる人はわずか5パーセントから10パーセント程度で残りの90パーセントから95パーセントはほとんどもうかっていないかあるいはマイナスになっています。

そもそも投資の世界は、ゼロサムゲームになりますので誰かがもうかればだれかが損する仕組みになっていることが明白です。
しかも、半分の人が得をして半分の人が損をする仕組みではなくほとんどの人がそのする仕組みになっているのがポイントです。

まずこのことを前提にして考えてみることが大事になると専門家の立沢賢一氏は強く語っています。
・・・与沢翼と元HSBC社長の立沢賢一の対談動画が面白すぎる。住友銀行、メリルリンチ、バンクオブアメリカでの仕事経験談

実際に投資で成功するにはどうすれば良いか?

では、実際に始めるとなった場合、成功するにはどうしたらいいか気になるところです。
実は、どのようの成功法則の本を読んでもあるいは成功法則のセミナーに行っても必ずこれをしなければならないといった内容のものは存在しません。
逆に、このようなことをしてはいけないといったものもありますがそれだけで成功できるほど甘くはないでしょう。

為替や株に関しては、多くの人が失敗していますがこれは心理戦でやられているといっても過言ではありません。
人間の心理とは、得をするときにはきっとそれを保持しようとせず途中で決算してしまう癖があります。
なぜなら、一回得をしたとしてもそのあと逆の方向に相場が向いてしまいじわじわと損をすることがあるからです。

それならば、お金がもうかっている段階で決算しようと考えその場でそのトレードが終わってしまうことになります。
そのため、それ以上伸びる場合でもその段階で終わりにしてしまうと結局たいしてもうからないまま終わってしまうことになるでしょう。
逆に損をする場合は、なかなか決算できないのが人間の心理です。

株や為替で失敗する人の独特の考え方とは

例えば、為替を行っている場合自分が考えていた方向と逆の方向に相場が動いたとします。
この時、動けば動くこと損失が広がっていきますが、いつの日か元に戻るだろうと期待をしてみたものの結局戻らず大きな損をこうむってしまいます。

これは、株や為替で失敗する人の独特の考え方になります。
損してもまたもうかるかも知れないと安易に考えると、予想外のところまで相場が変動してしまい今まで儲けた分はすべてなくしてしまうことがあります。

もう一つ損をするパターンとしては、トレードをして自分が考えた方向と反対の相場になった時、すぐに決算をして損も最小限に抑えようとする人もいるでしょう。

一般的にこのやり方は正しいとされていますが、決算したすぐあとになりまた反対方向に動き出し結局決算をしなければお金がもうかっていたのに決算をしてしまったために儲かるはずのお金を失ってしまったといった例も少なくありません。

そこでまたトレードをしてしまい、再び自分が考えているのと違う方向に動いてしまい、決算してしまうことがあります。
このようなことを何度も繰り返しているうちに、じわじわと持ち金が減っていき、とうとうトレードするお金がなくなってきてしまうことも珍しくありません。

心理的な部分がまだ未熟ゆえに起こってしまうこと

そのような場合には、自分のセンスの問題と言うよりも心理的にまだ未熟な部分があることが原因と言えます。
心理的な部分がまだ未熟ゆえに、切り返すポイントや我慢をすることができないままトレードを行い無駄にお金を減らしていくわけです。

心理面に関しては、何度も経験するしかありませんが、なぜか多くの人は1年程度で億万長者を目指そうとします。
そもそも1年程度で億万長者になった人はまったくいないわけではありませんが、かなり稀になりますので参考にもならないでしょう。

そのため、1年目で大枚をはたいてすべてを失ってしまい退場する人が後を絶ちません。
まず心理面を克服することが大事であると同時に、1年やそこらで結果を出そうとしないことです。

まず1年目は、小さな投資を行い、様子を見ながらいろいろなことを試してみるのがよいでしょう。
小さなお金ならば失ってもよいとは言えませんが、少なくとも大きなお金を失うよりはまだましになります。

簡単に儲かるというネットの触れ込みには注意する

小さなお金で試してみて、ある程度自信がついたら少しずつお金を増やしていくようにする必要があります。
ここでだまされてはいけないのが、簡単にもうかるといった触れ込みです。

インターネットなどのサイトには、そのような情報がたくさんありますが、それを信じた人のほとんどは退場していっています。
このような現実を考えると、確実にそして慎重にトレード行い、精神面を鍛えて動揺しないようにすると同時に経験を積んでいくことでようやく安定した収入を得ることができるでしょう。

運用の仕方で考える証券会社選び

デイトレード向けの証券会社とは

株式投資などを行う場合には証券会社で口座を作り、そこを窓口にして売買をしていくのが一般的です。
この場合、どのような運用の仕方をしていくかで証券会社をチョイスしていくことが求められます。

運用の仕方は大きく分けて2つあり、中長期的に株を保有し続けるやり方とデイトレードを行うやり方です。
これによって手数料のかかり方などに違いが見られるだけでなく、1回あたりの取引金額に関しても手数料に違いが見られることから様々な可能性の中で模索していくことが求められています。

デイトレード向けの証券会社というのは存在しており、その特徴として取引手数料の安さがあります。
デイトレードでは1日に数十回以上の取引を行います。

もし1回ごとに手数料がかかっていたらそれだけで結構な金額になってしまいます。
手数料に関しては1回の取引のたびに手数料が発生するやり方と1日取引をしていく中で行われた取引の合計に手数料がかかるタイプ、いわゆる定額制の2種類が存在します。

デイトレードをしたい人は当然ながら1日定額制の方がおすすめです。
何回も取引をする場合に1日定額制の方が手数料が安く収まるのがその理由です。

またデイトレードの場合、信用取引を用いて売買をするケースがほとんどです。
信用取引にすれば余力が増えるだけでなく、投資先を分散させられるためよりリスクヘッジができるようになるからです。

信用取引か現物取引かだけで選ぶべきところが変わる

信用取引では空売りができるため、下落トレンドにある場合には空売りを用いればうまく稼ぐことができます。
また空売りと現物買いを組み合わせることで株主優待をお得にゲットできることもあります。
信用取引にターゲットを絞った形で証券会社を探していくと、信用取引手数料が1日何回やっても無料なところがあるなどバリエーションが豊富です。

その一方で細々と投資を行いたい人にとっても1日定額制が安く収まるということではありません。
1回あたりの取引額が10万円未満に収まるのであれば手数料が無料になる証券会社があります。

現物取引でちょっとした株を持たない場合にはむしろこの方がお得です。
このように信用取引か現物取引かだけで選ぶべきところが全く異なることが明らかです。
そして手数料だけに気を取られるのではなく、株の売買をしやすいツールを独自に持ち合わせているかどうかというのも実際にチョイスする際には必要なことです。

こうしたツールにはたくさんのチャートが載っていてすぐにトレンドをつかめるメリットだけでなく、細かな注文を瞬時にできる仕組みが備わっています。
これなら下がったタイミングですぐに買い付けることができ、売り時や買い時を逃しません。

特に近年はネット専用の証券会社も誕生し、ツールに関する競争も行われてきています。
いくら手数料がよくても使いにくさがあったり売り時や買い時を逃しやすいような環境では手が出しくいです。
これらを改善し新たなサービスを付加していく競争も行われ、そこで見ていくのもおすすめです。

初心者の方は特典があるかどうかも調べておく

もし初心者がこれから株式投資などを始めるという場合にチェックしておきたいのは特典があるかどうかです。
例えば投資信託に預けている金額が一定の金額に達すれば現金をプレゼントするところがあり、口座を開設し条件をクリアすれば自動的に現金が付与されることもあります。

初心者からすれば労せずして現金を得られるというのは非常に魅力的ですが、他にも手数料の無料やポイントの付与など様々な形で特典が設けられています。
これらも口座開設の際に参考にしていくとよりいいところを選ぶきっかけになります。

もちろんどのような商品を取り扱いしているかという観点で見ておくことも必要です。
国内の株式だけでなく海外の株式を購入できるケースもあれば、単元未満株と呼ばれるまとまった株数ではなく、1株ごとに買えるやり方もあります。

これなら少額から有名企業の株を購入できます。
他にも投資信託や債券などを購入できるなど幅が広いところはかなり幅広くおこなっています。
その分野ごとに得意なところとそうでないところに分かれるため、自らが何を中心に投資をしていくのかという観点で探すのも大事です。

まとめ

手数料が安いからここにするという感じで決めるのではなく、運用の仕方で決めていくことでよりよいところを選べます。
毎月の積立額が安くても積立ができるところを探して積立を行えるようにするというのも1つの考え方です。
大事なことは前もってどのような運用をしていくかを決めておくことです。

運用の仕方を決めてしまえば、それに見合ったところを探すだけです。
探していくうちにこういうやり方もいいというのを学習できるため、アレンジをしながら決めていくことも必要です。

何も考えずに決めていくのではなく、1つの方針を定めてそれに沿って決めていく方が納得しやすい形でチョイスできるだけでなく、別のところを探す場合にもあまり迷わずに選んでいけます。

KOYO証券より引用

若手社員が歓送迎会の幹事をやる際の注意点を川中商事が解説

日程はなるべく早く決めましょう

社内のレクリエーションなどは若手社員が幹事をやるケースが多く、歓送迎会でも同じことです。

このため、去年まで歓送迎会の主役だった若手社員が一転して幹事を務めることになることもあります。

その場合、注意すべきことがたくさんあります。

まず主役は新入社員や退職もしくは移動をする人ですが、それと同じくらいに上司の存在が重要です。

ここの扱いを間違うと、その若手社員に対する視線がより厳しいものとなるだけでなく、日頃お世話になっている先輩社員にも悪影響を及ぼします。

主役を大事にしつつ、上司にも気配りをすることがとても大事です。

まず日程の調整ですが、こちらは主役をメインに調整していく必要があります。

特に退職や移動をする人を第一に考えたスケジューリングが必要です。

例えば職場で別れを告げた翌日に引っ越しをする場合があります。

歓送迎会の翌日には引っ越しをしたい人にとって、日程が決まらないことはストレスになります。

そうしたことからもできるだけ早いタイミングで決めておきたいところです。

この日程が決まってから場所を抑えることになりますが、会社の中で行うのが慣例になっている場合は会議室が定番ですがそれ以外の場合にはどこにするかで悩みます。

お店選びの注意点

おすすめなのが1度でも行ったことのあるところにすることです。

若手幹事がやりがちなのはネットで調べるだけ調べるものの、実際に足を運んでみたらイメージが全く違うケースです。

普通の飲み会や友人同士の集まりなら笑い話で済みますが、会社のイベントであるため、笑い話では済まされません。

ネットで調べたとしても1度は足を運んでみることをおすすめします。

また主役となる人たちに要望を聞くことも大事である一方、多くの人が自然に利用できるようなところが無難です。

多国籍料理など多少勇気のいるところで行うのはできれば避けたいところです。

店を抑える際に重要なのはキャンセルの問題です。

ここ最近は大人数で予約をしたにも関わらずキャンセルをしてしまって多大な損害を与えてしまうことがあります。

そのため大人数の予約をする際に店側が何かしらのペナルティを設けることが考えられます。

もしキャンセルをする場合、費用負担が発生したら誰がそれを工面するのかを上司などに相談する必要があります。

そうしないと若手幹事が自腹でキャンセル料を支払って別のお店を予約するハメになってしまいます。

自腹を避けるためにも各種日程の調整や根回しが必要になっていきます。

手伝いをしてくれる人の確保が重要

若手幹事の仕事はこれだけに限りません。

当日乾杯の挨拶や新入社員や職場を去る人への言葉を言う上司に依頼をしなければなりません。

会社の慣例で決まっている場合でも依頼を出すことが必要です。

上司も知ってるはずだと思っていると、段取りを踏まない若手社員に対する風当たりが強くなります。

段取りや手続きがこの場合は大事であり、そうした姿もしっかりと見られていることを認識しないといけません。

そして当日にお手伝いをしてくれる人を確保することも大事です。

当日のお花の準備や記念品の確保などやるべきことがかなりあるためです。

そして、会費をどのように確保するかも重要な部分です。

会が終わり、会計のタイミングで支払うことになれば混乱が生じるのは明らかです。

至る所でお金を崩してほしいなどの声が上がればせっかくのムードが台無しです。

ここでおすすめなのが参加者をいくつかのグループに分けてそのグループの中で集金をしてもらうことです。

若手幹事が1人ないし2人で集金しようとすると、渡した渡してないのトラブルになりやすいだけでなく幹事自身が誰からもらったかを忘れてしまうことがあります。

グループの責任者が集金をすることで管理がしやすくなります。

管理のしやすさという点で考えると、タイムテーブルを作っておくことをおすすめします。

タイムテーブルを作り、それを店側に見せることで例えば上司がこれから新天地に旅立つ人に対して涙ながらに感謝の気持ちを述べてる時にラストオーダーの時間だと言って注文を取りに来るようなことは最悪です。

そうならないように、早めに注文を取りに来てもらう、ラストオーダーの注文を少し遅めにしてもらうなどの対策ができます。

その打ち合わせもあって若手幹事は何回か店側と打ち合わせを行い、当日も集合時間の1時間前には到着しておきたいところです。

こうして歓送迎会は行われていきますが、若手社員はこうしたことに慣れておらず友達との飲み会の感覚で幹事を引き受けてしまいます。

しかしこの幹事の仕事は業務に準ずるものと捉えておくことが大切です。

そうすることで段取りや手続きが大事であることを認識しながら仕事を進められて、不備のない形で準備が進められます。

また先輩や同僚に助けを借りて準備を進めることは仕事でも同じことです。

そうしたこともあって、あえて若手社員に任せるケースが多いです。

自分本位で準備をしないことだけをまずは考えて準備を進めれば大丈夫です。
※「川中商事」より一部抜粋

電気代を安くするためのポイント

悩ましい月々の電気料金

月々の電気代を安くしたい人の間では、節電するのが常識と考えられていますが、効率よく電気を使うことで地球全体の環境破壊防止にもつながしますし、ピーク時に電気を使いすぎないことも電力会社から推奨されていますので、一人一人の心がけが地球温暖化防止につながります。

月々の電気料金は、こまめに家電の電源をオフにすることで節約することが出来ますが、家庭によってはオール電化の契約にしているところも増えていますので、オール電化住宅の場合には電気料金が安い時間帯に電力消費量の多い家電を使い終えてしまうのが節電のポイントです。

オール電化住宅では、エネルギーの全てを電気でまかなう住宅の事で、太陽光発電と組み合わせて導入している家庭も多いのではないでしょうか。

太陽光発電パネルを搭載することで、家庭で使う電力をまかなうことに役立ちますし、余った分は売電して収入を得ることも可能です。

家庭用のエネルギーを電気でまかなう場合には、ガスを使いませんのでガスの基本料金や利用料金がかからず、家計も節約することが出来ます。

電気料金も割引が適用になりますので、利用する時間帯を考えて使うことでよりコスト削減につなげることが出来ます。

月々の電気代を安くするためには?

電力会社から毎月送られてくる利用料金のお知らせには一般的に前の年の同じ月と比べて何パーセントくらい使っているのかが記載されています。

前の年と比べて増えすぎている場合には節約する必要が出てきますし、上手に節電出来ている場合には前の年と比べて料金が下がるケースもあります。

月々の電気代を安くするための試みとして、エアコンを多用せず、窓の断熱をしたり扇風機やこたつなど昔ながらの家電を上手に使うことも重要なポイントです。

特に冬場エアコンは非常に便利ですが、熱を発する家電は電力を使いますし、常時稼働させていると月々の利用料金が跳ね上がってしまいますので上手に節電する必要があります。

先述のオール電化住宅では、深夜から早朝にかけて電気代が安くなりますので、この時間にかかるようにエアコンをつけておくと電気代を大幅に節約することが出来ます。

エアコンの設定温度にも節電のコツがありますので、エコ運転モードを利用するなどなるべく電気消費量の低い使い方をして上手に節約するのがポイントです。

設定温度は最大にしてしまうと必要以上に電気を使いますので、冬場は20度から24度程度でも十分部屋を暖めることが出来ます。

設定温度よりもむしろ窓や床の断熱のほうが重要ですので、窓から放熱しないようにエアパッキンで簡易的に二重窓にしたりアルミシートなどを貼っておくと窓から熱が逃げるのを防いで部屋を暖めやすくなります。

床の冷たさを回避する工夫

床の冷たさが気になるときにはホットカーペットを付けたりこたつを併用すると暖房の設定温度をそれほど高くしなくても暖かく過ごすことが出来ます。

夏場よりも冬場のほうが一般的に電気代が高くなりやすいのは、熱を発する家電を多く使うようになるのが理由ですので、電気料金が高いと感じた場合にはエアコンの設定に着目して見直す必要があると、電力コスト削減のプロフェッショナル企業であるネオ・コーポレーションも推奨しています。

多くのメーカーのエアコンのリモコンには経済的に運転できるモードがついていますが、古い型式のものだとこうしたモードがついていないことがありますので、設定温度には注意する必要があります。

引用:ネオ・コーポレーション

夏場も同様窓から熱が入ってこないよう遮光性の高いカーテンを使って熱を遮るのが得策です。

せっかく冷房を付けて部屋を冷やしても窓からの熱で部屋が暑くなってしまいますので断熱や遮熱に注意するのがおすすめです。

夏場の設定温度もあまり低くしすぎずに、25度から28度程度に設定するのがポイントです。

夏場も冬場もお勧めなのはサーキュレーターの併用です。

サーキュレーターや扇風機を併用すると、部屋の温度が均一になるため、足元が冷えすぎることなく快適に過ごすことができます。

サーキュレーターの電気帯はエアコンに比べるとほとんどかかりませんし、併用することで特に冬場の暖房効率を上げることが出来ます。

電気代を安くするためには熱を発する家電の使い方に注意をすることがポイントです。

IHクッキングヒーターの場合、煮込み料理を長時間すると電気料金が高くなってしまいますので、沸騰したらバスタオルに鍋をくるんで、そのまま発泡スチロールの箱に入れて一時間以上おいておくと、弱火でコトコト煮込んだような具材の柔らかい煮込み料理が完成します。

毎日続けているとこうした工夫で毎月の電気料金を大幅に節約することが出来ます。

一日30円節約できたとすると1か月あたり900円、一年間で1万年以上の節約効果が期待できます。

煮込み料理を頻繁にする過程では発泡スチロールの箱を一つ用意しておくと電気料金の節約に役立ちます。

使っていない時間の炊飯器の保温機能や保温ポットなども意外と電気を使いますので、お湯はその都度使う量だけ沸かしたり、本機能をオフにしておくのがおすすめです。