永代供養とはどんなものなのか

1.永代供養とは?

永代供養というのは、遺族や親族などの代わりに寺院や霊園が遺骨を管理し、供養することを意味します。
一般的なお墓の場合は遺族等がその管理などを行いますが、この供養方法では寺院などにそれを一任出来るというわけです。

そのためこの方法は、従来、お墓の跡継ぎがいない方の供養方法として知られていました。
しかし最近では、費用面の事情でお墓を建てられない場合や、子供にお墓の管理などの負担をかけたくない場合などもよく選ばれていると言えます。

また、似た言葉として「永代使用」というものがありますが、これはお墓を建てる土地を使用する権利のことを指します。
そして永代使用は、その使用料を支払えば、遺族や子孫へ継承することが出来るお墓として利用出来るようになると言えるでしょう。

永代供養の大きなメリットに挙げられるのは、一般的なお墓と比べるとかなり安い費用で利用出来るということです。
なぜ安く出来るのかというと、それは遺骨を合祀するのが一般的だからだと言えます。

ここで言う「合祀」というのは、血縁等に関係なくさまざまな方の遺骨を同じ場所にまとめて埋葬することであり、合葬と呼ばれる場合もあります。

一般的なお墓の場合は、先祖代々の血縁者が入る場合が普通だと言えますが、合祀の場合は、全く関係のない方の遺骨と一緒になるということだと言えるでしょう。

このように、一般のお墓は家ごとに個別に建てるため、その土地代や墓石代がかかってしまいますが、合祀の場合だと共有のお墓を利用するため安く出来るというわけです。
(参考:横浜永代供養墓評判

2.購入後に費用がかからない

さらに費用面でのメリットとしては、購入後に費用がかからないということが挙げられます。

一般的なお墓では、維持費として年間管理料がかかりますが、永代供養の場合は、管理料が不要である場合や、購入時の価格に含まれているのが一般的です。

その他の重要なメリットとしては、お墓の後継者がいなくても無縁仏になることがないということが挙げられます。

一般的なお墓では、遺族や子孫が管理をしなければならないため、さまざまな事情により管理する方がいなくなると、誰も供養しない無縁仏になってしまうのです。

最近では、さまざまな事情により無縁仏になってしまうお墓が増えているため、寺院などに管理を一任できるこの供養方法の利用者も増えているということが言えます。

種類については、先ほど紹介した合祀タイプと、個別に利用出来る個別タイプの2つに大きく分けることが出来るでしょう。

3.各タイプの費用相場について

「合祀タイプ」は、さまざまな方と共同で使用するお墓であり、埋葬後は管理や供養を全て寺院などに任せておくことが出来ます。
費用の相場は10万~30万円程度であり、100万円やそれ以上かかる一般的なお墓と比べるとかなり安く済むということが言えるでしょう。

次に「個別タイプ」は、個別のお墓に永代供養がセットになったものであり、使用期限内であれば一般的なお墓のように家族のお墓として利用することが出来ます。

使用期限については、夫婦一代までという場合や、子供を含む次の世代までといったものがあり、期限後は合祀されるという仕組みになっていると言えるでしょう。

ですので、合祀タイプと同様に、使用期限後に無縁仏になる心配はないと言えます。
費用の相場は30万~200万円程度であり、個別にお墓が持てる分だけ合祀タイプより高くなるのが特徴です。

そして価格帯に幅があるのは、お墓の仕様や、占有スペースの広さ、そして地価などに違いがあるからであり、見た目が一般的なお墓に近いものは高くなる傾向があると言えるでしょう。

また、個別タイプの使用期限には17回忌や33回忌までといった期限が設けられており、寺院やプランなどによって異なっています。

4.利用する人数を確認すること

選ぶ際のポイントについては、まず利用する人数を確認するということが挙げられます。
合祀タイプの場合の費用は、1名あたりの価格として表示されているため、複数で利用する場合は人数分の費用がかかります。

ですので家族で利用する場合などは、人数分の費用を合計すると一般お墓と変わらないという場合もあるため、費用面の安さだけで検討している場合は、その点も考慮する必要があるでしょう。

次に挙げられるポイントは、供養が行われる頻度を確認しておくということです。

寺院などによっては、毎日読経が行われるところもあれば、お彼岸やお盆だけ大規模に供養が行われるというところもあるため、満足出来る供養が行われるかどうかという点もチェックポイントになるでしょう。

最後に永代供養の注意点としては、一度合祀してしまうと、後で遺骨を取り出すことが出来なくなるということが挙げられます。
合祀では他の方々の遺骨と一緒になってしまうため、物理的に考えても遺骨を個別に取り出すことが出来なくなってしまいます。

そのため、後々トラブルにならないためにも、周囲の方としっかりと相談した上で選ぶことが重要だと言えるでしょう。

供養とはどのようなもの?

◇供養とは?

供養とは、亡くなられた方の冥福を祈り法要を営むことです。

お墓参りに行くこと・お仏壇にお花やお水を供えること・僧侶を招いて読経を読むことなど、このような亡くなられた方を思って行う行為は、すべて当てはまるといえます。

(参考)
仏壇 通販

しかし、亡くなられた方に対してのみ使われる言葉なのかというと、実はそうではありません。
アジアの仏教国などで僧侶に施しをする際も、同じ言葉が使われています。

そうすると、必ずしも亡くなられた方のみに使われるわけではないことが分かります。

◇徳を積む行い

それでは、本来はどのような意味の言葉なのかというと、簡単に言えば「徳を積む行い」と解釈することができます。
仏教では「善因善果」・「悪因悪果」と呼ばれる考え方が存在しますが、まさにこの考え方に当てはまると言えるでしょう。

「善因善果」・「悪因悪果」とは要するに、「善い行いは必ず善い結果をもたらす」という道理を説いたものです。
そして供養は、この道理に基づいた考え方であると言えます。

亡くなった方へのお供えや僧侶に対する施しは善いものであると捉えられ、あらゆる魂に善い果報がもたらされるようにと願うことです。

◇日本における供養について

以上が、供養という言葉が持つ本来の意味と由来です。
とは言え、日本では故人に対して使われる言葉として人々の間に根付いており、広く定着しています。

日本で供養というと、思い浮かばれるのがお盆です。
お盆は亡くなられた方の魂が住んでいた場所へ帰る期間とされており、それを親族で迎え、慰める法要です。

中でも初盆は、亡くなられた方の四十九日を過ぎて最初に迎えるお盆であり、特に心を込めた法要が行われます。
2回目以降のお盆が家族のみで行われるのに対し、初盆の場合は親族や生前親しかった人々を招きます。

僧侶による読経や、会食を行うのが一般的です。
そのため、お盆のための準備も少し慌ただしいものとなります。

◇お供えのお返しと一緒に折詰弁当とお酒を手渡す必要がある

法要をとり行うにあたって、その旨のお手紙を出さなくてはなりませんし、会食の準備や僧侶への依頼、お供えのお返しの準備やお礼状の作成など、行うべきことがたくさんあります。

会食に関しては必須ではないため行わなくても問題はありません。
ただその場合、法要に参列頂いた方へ、お供えのお返しと一緒に折詰弁当とお酒を手渡す必要があり、別途お弁当の準備が必要です。

以上のようなお盆の法要が、日本人が思い浮かべる供養だと言えます。
本来の言葉の意味とは少し違うのかもしれませんが、日本人の中で定着している慣習でもあります。

外国人観光客がなぜ増えているか?前田氏に聞く

外国人が街中に増えた理由とは?

日本は知らない間に外国人だらけとなってしまいましたが、とくに観光地に住んでいる人は日本語以外の言葉が聞こえてきて違和感を感じる人も多いはずです。

なぜそのようになったかといえば、これにはしっかりとした理由がありますそれは、日本が景気に対しての対策をしてみたところ、外国人観光客を入れる方が国内の消費を促すよりもメリットがあったからそのように判断したわけです。

つまり、日本人のみではこれ以上消費を伸ばすことはできないため国力が弱くなってしまいます。
そうすると、弱体化していきますので少なくとも外国からの力を借りて観光客をたくさん増やし10人増やすことでGDPを高めようとしているわけです。

ですが、外国人観光客を増やしても様々な問題が生じることに気がつきました。
特に増えたのは、迷惑行為になります。

中国人などは大きな声でしゃべる人が多く静かな環境の中でも大声で話し、その場の雰囲気をぶちこわす人がいます。
そもそも日本人と中国人では国の成り立ちも違いますので日本と同じような感覚で接していると痛い目にあうことがわかるでしょう。

日本人と中国人とでは文化も違うと前田裕幸氏は言う

具体的に言うならば、日本人は、周りとの調和を非常に大切にする人種になります。
そのため、周りが静かならば自分の声を荒げずに静かにしている人も多いです。

ところが中国人の場合は、周りに関係なく自己主張する傾向があります。
なぜなら、中国は大陸国家だからです。

日本人のようにおとなしくして調和を乱さないようにしていると、外国から侵略されてしまう歴史がありました。
日本のように島国であれば昔は海で守れいていたので元寇などあったかもしれませんがそれでも国の平和を保ってきました。

大陸国の場合には、周りに調和して自己主張しなければ弱い者扱いされ国が侵略されてしまうわけです。
国民はそのように教わっており、自己主張する人が多いのが特徴になります。

これをよくわかっていない日本人が日本人と同じような扱いをして何かと問題が生じているわけです。
まず国の文化を知ることが重要で、そもそも文化がよくわからない国の人たちを外国人観光客として呼べばトラブルになるのは当然です。

国の偉い人はそのようなことが分かっておらず、単に数字をあげるために迷惑行為を助長してきているだけになります。

同じ日本人どうしても雰囲気の違う人を入れてしまえばトラブルが起こる

実は、このような例は外国人を入れる前から日本でもたくさんありました。
同じ日本人どうしても、雰囲気の違う人を入れてしまえば何かとトラブルが起こるものです。

例えば、ある程度静かな学習塾があったとしますが、そこの生徒を増やすためにとにかく営業行為を行い数字を挙げたとします。
ですがそこで行われていたのは、悪質な生徒をとりとにかく人を増やす行為でした。

そのような生徒が学習塾にはいってきたがうるさくて仕方がありません。
今までいた生徒は次第に数を減らしていき、結果的に営業行為をする前のよりも悪くなってしまった例があります。

30人以上いた生徒たちのほとんどが辞め、残る生徒が二人程度だったといったことも珍しくありません。
このように、その空気になじまない人を入れてしまえば、トラブルになるのは当然でおとなしい人たちは駆逐されていくでしょう。

いわゆる、国会議員や官僚たちが国民のことをわかっていないというのはそのような例があるからです。

外国人の居住者が日本に増えていくと・・・

もう一つ具体的な例を話すと、今まで森林だったところに竹をはやして地面を頑丈にしようとした例がありました。
滝は根がしっかりしており、ちょっとのことでは土砂崩れが起きないため重宝されていたわけです。

実際大きな地震が起きた場合には、真っ先に竹林に入れば間違いないといわれているほど頑丈なものになりますので、この言い伝えは決して間違いではなかったはずです。

ところが、森林に竹を植えてしまって酒が繁殖するようになるとほかの植物たちは次々に駆逐されていきます。
竹は地面に強い日光林ますが、別の意味で言えばそれだけ繁殖力が強いことを意味しています。

そうすると、今まであった植物たちが次々と駆逐されてかれて行き、1年たてばかなりの部分が竹林になってしまいわけです。
一度竹林になってしまうと、それを除去するのは非常に難しく現在の技術をしても容易ではありません。

仮にそれができたとしても、かなりのお金がかかってしまいますので安易な思いで竹林にするのはよくないといった例になります。

外国人観光客だけならまだよいですが、外国人の居住者が日本に増えていくと、さらに今まで関係なかった人まで被害をこうむる可能性があります。
実際に外国人犯罪も増えており、かつては犯罪者の中で外国人が占める割合は4%未満でしたが、現在はその数がさらに増えているといったデータもあるほどです。

もし、国のGDPを上げるために外国人観光客や居住者を増やすならば、いつまでと期限を決めないと際限なく着てしまうでしょう。
もちろん外国人すべてが悪いわけではありませんが、日本にいる国民一人一人がそのことを意識し、適度に調和の取れた状態を維持することが重要になります。

前田 裕幸

投資は心理戦になることが多いと立沢氏

立沢賢一氏が投資について解説

平成になってから、素人が投資に手を出すことが多くなりましたが、これはインターネットの発達にも関係してきています。
インターネットでは様々な情報が交錯し、その中でお金もうけのジャンルも確立してきました。

その中に投資がありますが、投資の話しを紹介すれば自分にお金が入ると考えた人は、投資の宣伝をしていたでも簡単にお金がもうかるようなことを言いふらしています。
ですが、実際にはお金がもうかる人はわずか5パーセントから10パーセント程度で残りの90パーセントから95パーセントはほとんどもうかっていないかあるいはマイナスになっています。

そもそも投資の世界は、ゼロサムゲームになりますので誰かがもうかればだれかが損する仕組みになっていることが明白です。
しかも、半分の人が得をして半分の人が損をする仕組みではなくほとんどの人がそのする仕組みになっているのがポイントです。

まずこのことを前提にして考えてみることが大事になると専門家の立沢賢一氏は強く語っています。
・・・与沢翼と元HSBC社長の立沢賢一の対談動画が面白すぎる。住友銀行、メリルリンチ、バンクオブアメリカでの仕事経験談

実際に投資で成功するにはどうすれば良いか?

では、実際に始めるとなった場合、成功するにはどうしたらいいか気になるところです。
実は、どのようの成功法則の本を読んでもあるいは成功法則のセミナーに行っても必ずこれをしなければならないといった内容のものは存在しません。
逆に、このようなことをしてはいけないといったものもありますがそれだけで成功できるほど甘くはないでしょう。

為替や株に関しては、多くの人が失敗していますがこれは心理戦でやられているといっても過言ではありません。
人間の心理とは、得をするときにはきっとそれを保持しようとせず途中で決算してしまう癖があります。
なぜなら、一回得をしたとしてもそのあと逆の方向に相場が向いてしまいじわじわと損をすることがあるからです。

それならば、お金がもうかっている段階で決算しようと考えその場でそのトレードが終わってしまうことになります。
そのため、それ以上伸びる場合でもその段階で終わりにしてしまうと結局たいしてもうからないまま終わってしまうことになるでしょう。
逆に損をする場合は、なかなか決算できないのが人間の心理です。

株や為替で失敗する人の独特の考え方とは

例えば、為替を行っている場合自分が考えていた方向と逆の方向に相場が動いたとします。
この時、動けば動くこと損失が広がっていきますが、いつの日か元に戻るだろうと期待をしてみたものの結局戻らず大きな損をこうむってしまいます。

これは、株や為替で失敗する人の独特の考え方になります。
損してもまたもうかるかも知れないと安易に考えると、予想外のところまで相場が変動してしまい今まで儲けた分はすべてなくしてしまうことがあります。

もう一つ損をするパターンとしては、トレードをして自分が考えた方向と反対の相場になった時、すぐに決算をして損も最小限に抑えようとする人もいるでしょう。

一般的にこのやり方は正しいとされていますが、決算したすぐあとになりまた反対方向に動き出し結局決算をしなければお金がもうかっていたのに決算をしてしまったために儲かるはずのお金を失ってしまったといった例も少なくありません。

そこでまたトレードをしてしまい、再び自分が考えているのと違う方向に動いてしまい、決算してしまうことがあります。
このようなことを何度も繰り返しているうちに、じわじわと持ち金が減っていき、とうとうトレードするお金がなくなってきてしまうことも珍しくありません。

心理的な部分がまだ未熟ゆえに起こってしまうこと

そのような場合には、自分のセンスの問題と言うよりも心理的にまだ未熟な部分があることが原因と言えます。
心理的な部分がまだ未熟ゆえに、切り返すポイントや我慢をすることができないままトレードを行い無駄にお金を減らしていくわけです。

心理面に関しては、何度も経験するしかありませんが、なぜか多くの人は1年程度で億万長者を目指そうとします。
そもそも1年程度で億万長者になった人はまったくいないわけではありませんが、かなり稀になりますので参考にもならないでしょう。

そのため、1年目で大枚をはたいてすべてを失ってしまい退場する人が後を絶ちません。
まず心理面を克服することが大事であると同時に、1年やそこらで結果を出そうとしないことです。

まず1年目は、小さな投資を行い、様子を見ながらいろいろなことを試してみるのがよいでしょう。
小さなお金ならば失ってもよいとは言えませんが、少なくとも大きなお金を失うよりはまだましになります。

簡単に儲かるというネットの触れ込みには注意する

小さなお金で試してみて、ある程度自信がついたら少しずつお金を増やしていくようにする必要があります。
ここでだまされてはいけないのが、簡単にもうかるといった触れ込みです。

インターネットなどのサイトには、そのような情報がたくさんありますが、それを信じた人のほとんどは退場していっています。
このような現実を考えると、確実にそして慎重にトレード行い、精神面を鍛えて動揺しないようにすると同時に経験を積んでいくことでようやく安定した収入を得ることができるでしょう。