気軽に買うことのできるミニ株と吉野勝秀氏

株を購入して資産運用するという人が後を絶ちません。

NISAのように売却益などが非課税となる制度などあの手この手で多くの人がこうしたものに手を出してもらうよう制度設計が行われています。

しかし、株に対する不安、無駄に終わってしまったらどうしようという恐怖などからなかなか手を出せないという人もいます。

株は100株単位などで購入することができ、2000円であれば最低20万円かかることになり、初心者にはなかなか手の出しにくい金額です。

まとめて買うやり方を単元株制度と言います。

さすがにそれだけの金額をいきなり投じるのはできないという時におすすめなのがミニ株です。

ミニ株は、証券会社が独自に行っているサービスで、1株単位で購入することが可能なため、有名企業のものをわずかな資金で購入し、投資にチャレンジすることができます。

その場合、名義は証券会社のものとなり、売買も1日単位でしか行うことができません。

そのため、急な下落にも対応できず、損となる可能性もあります。

名義を自分のものとするには、最初は少しずつ買い進めていき、本来の単位数にまで買い進めることによって自分の名義にすることが可能です。

最大のメリットは投資を分散し、リスクを最小限に食い止めることができるという点です。

1つの会社にだけ投資をすると、そこが値上がりすればそれだけ得をし、値下がりすればその分損をします。

ましてその会社にすべて投資をしてしまうとリスクはかなりのものになります。

こうしたことを避けるべく、投資する会社を分散させることでその分リスクを抑えることが可能となります。

デメリットとしては、売買のタイミングを自分では決められない点です。

元々は証券会社独自のサービスであり、売買のタイミングは申し込んだ翌日の最初に成立した売買ということになり、その売買価格が採用となります。

取引手数料が割高など様々なデメリットが指摘されていますが、投資とはどんなものなのか、試してみるには十分と言えます、コチラ→吉野勝秀