今注目のシェアリングエコノミーとは

引字圭祐

今注目の「シェアリングエコノミー」という言葉はご存知ですか?

日本語では「共有型経済」と訳され、物やサービスなどを社会の多くの人と共有したり、交換したりしながら利用する仕組みを言います。

自動車を個人や企業で共有しあう「カーシェアリング」をご存知の方も多いと思いますし、最近では、使っていない住居を貸し出す「民泊」もよく知られるようになってきました。

いずれもインターネットのサイトで利用者を集めることが大半です。

「見知らぬ他人同士」の貸し借りになるため、貸主・借主双方とも不安を覚えることになるでしょうが、最近はさまざまなトラブル対策を徹底した仲介サイトも生まれてきているほか、身分証明を厳格化したり、相互に評価し合うシステムを導入することで貸主・借主のクオリティーを高めようとする動きも出てきています。

シェアリングエコノミーにはどのような利点があるのでしょうか?

貸主の立場では、「所有はしているが活用されていない」、いわゆる遊休資産を、利益を生み出す有用な資産へと変えることができます。

借主の立場からすると、商品を購入して所有しなくてもそれを使うことが可能となります。

一方で、シェアリングエコノミーにはまだ課題も残されています。

「事故やトラブルに巻き込まれるのではないか?」と不安を覚える人も根強くいます。

信頼性をさらに高める必要があります。

周囲に経験者が多く生まれ、「使ってみても問題なかったよ」という口コミが広がれば、こうした懸念も解消されていくことでしょう。

最近では新たなシェアリングエコノミーのサービスが生まれています。

自宅の使っていないガレージやカーポートを一時的な駐車スペースとして提供するサービス。

部屋の清掃や家具の組み立て、ペットの世話、子供の送迎などを、そのスキルをもつ登録者に依頼できるサービス、使っていない楽器やベビー用品をレンタルできるサービスなどです。

インターネット技術の発達によって、提供者と利用者が結び付きやすくなりました。

シェアリングエコノミーは今後も進展しそうです。